スロデザラジオ開局中

2021年4月21日に第1回目の放送となった社内クローズドのスロデザラジオ。事業とスタッフが増えて情報共有の一環として各事業の説明や社内の改善についてをスロデザラジオで話しています。不定期で放送しているのですが、社内の情報共有の強化と考え方や教育など幅広い効果を目指して続けていきたいと思っています。

2020年9月に掲げた10年スローガン
「発信しまくる」

「発信しまくる」という意味は会社としての発信の意味もありますし、スタッフ自身の発信という意味もあります。今回はスロデザラジオを通してスタッフ自身の発信について書きたいと思います。

※「発信しまくる」というのは発言するやアクションを起こすこと、何かしら表現すること、考えて形にするなど広い意味で使っています。

成長するための発信
発信するためのインプット

会社を永続的に成長し存続するためにはスタッフの成長は必至です。成長するためにはインプットが大事で、インプットがないと自信を持って発信することができません。インプットだけしていても発信しないと身につきません。両方やることによって成長します。

頭の中では分かっているんだけど、行動するのが難しい。

できる限り弊社ではその機会を作れるように場を提供しようと思っているところです。その一環としてスロデザラジオで発信するということ、またそれ以外にも色々な発信の場やインプットの場を作っていきたいと思っています。

一人の成長は会社としての成長にもつながりますし、それ以上に今後の人生にも役立つし豊かになると信じております。

疑問や考えがあれば
発信すること

本当に些細なことでもいいので、意見が欲しい。
そういった意見をすくい上げられるような仕組みを作りたい。

もちろん働きやすい環境を作りたいからっていうゴールもあるが、それだけでなく、常に疑問や考えを持ち、発信することが大事だと思うからです。

スロデザラジオでは「改善ラジオ」という番組を放送して、疑問や考えを持っていた人が発信しやすい環境づくりを目指しています。

疑問や考えを持っていても発信しなかったら無と同義だと思います。あとから「そう思ってた」っていうのでは社会では残っていけないし、常に受け手の状態になってしまいます。

スロデザラジオの今後

社内広報の一つのツールとしてや、社内教育や情報共有、コミュニケーションなどさまざまな効果を出すために、運営していきたいと思います。

現在ツールの機能上、録音ができないため、録音できるように準備し、録音データをまとめて、いつでも視聴できるようにしたいと思っております。アーカイブ化することにより、時間が合わない人達にも満遍なく共有できる体制や新人教育に活かせるツールになれるように、最終的には社外にも発信できるようなコンテンツになり、「発信しまくる」の達成を目指します。