桜の終わるころ

桜が終わるころ、新しさに少し慣れた自分がいる。
同時に、なぜか喪失感にも襲われる。
イメージした理想と、現実との差。
その差を埋めようと、私は悩み、励み、深呼吸する。
大丈夫、今日は自分を褒めてあげよう。
 
SONYα7 SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
 

//連載「NICHIJOU -Japanese Daily Life-」//
Photograph:Kouji Tomihisa
Writing:KAPIBARA

//Photographer//
富久浩二(Kouji Tomihisa)
https://www.facebook.com/kouji.tomihisa
http://1x.com/member/tomi8

1970年福岡生まれ。
日々の通勤風景を主に、いつも見ている変わりばえのない、
しかし二度とやって来ない一瞬の情景を大切にし、
ちょこっと人が入った物語りのある写真をテーマのもとに、
人びとの優しく楽しい感情が伝わる事を目標に日々撮影しています。

子供の頃の目線、何と無く懐かしさを感じて貰える様に、ライブビューを使った低い目線、
思い切って背伸びをした様な高さからの撮影が特徴的です。

2011
SONYフォトコンテスト最優秀賞
イギリスのマガジンCamerapixioにて日本人初の掲載

2012
ナッジオのDaily Dozen2回選出
インドのAPF Magazine Street Photographyにて日本人初の掲載
イラクでの国際写真展に展示。
東京カメラ部2012,2013二年連続選出