連休が終わると。

時々やってくる連休。
いつもとは違う時間の過ごし方ができて、
頭の整理や勉強だったり、ちょっと成長できる時間。
人によってはストレスの時間にもなりえる。

最近の私は前者だけど、昔は後者だった。

たくさんある仕事を休日前に終わらせずに、
連休で終わらせるからと意気込む。
連休は徐々に終わりへと近づき、
どんどん気が滅入っていく。

夏休みの宿題かのように、最後の日に一気にやる。

もちろん、精度も悪いし、全部できなかったりする。
連休の毎日は「やらなきゃ」で休んでいても休めていない感じになる。
非常に苦しかった。常に頭の中、精神的に追いつめられている感じがした。

今は違う。

なぜ変わったのだろうか。
それは簡単なことかもしれないが、
能動的な仕事になったからだと思う。

ずーっと「やらされている感」が強く、
そのため、めちゃくちゃ受動的だし、非効率で、
ただただ精神が追いつめられていくだけだった。

自分から行動すると、必然と周りも変わっていく。

そうか。ある意味、連休は健康診断なのかもしれない。
その休日の過ごし方の行動や精神状態によって、
現状の自分の状態が把握できるのかもしれない。

私の今回の連休は非常に有意義だったと思う。
新しい気づきもあり、本も少しだけ読む時間があった。

時間は有限なので、できる限り、できる限り、
有効に使って、成長し続けたいと思う。