5歳になりました。

  • 過去記事

本当にはやいもので、
slowtime designが5歳になりました。
長いような短いような不思議な時間感覚です。
せっかくなので、この5年間を振り返ってみたいと思います。

フリーランスとして動き出して
約半年くらいでslowtime designを株式会社にしました。
なぜ会社にしたのかというと、やはり会社の方が取引先様の
信頼度が一気に変わるからです。現在だと違うかもですが、
当時はよく「いつ会社にするんですか?」と聞かれたものです。
私個人としても早く法人化したいという想いがあったので、
非常にスムーズに進んだと思います。

フリーランスの時は
ネット環境もなく、イーモバイルのWiFiのみで作業して、
重いファイルにめちゃくちゃ時間をかけながら
アップロードしたり、ダウンロードしたりしていました。
前職のつながりを基本あまり使わないと意識して、
新規営業だったり、パートナー探しを毎日して、
色々な人と出会い、色々な話を聞いて、色々な案件に挑戦しました。

今思えば凄く無謀なことばかりしていて、
もう一度、同じ状態で起業しろと言われても
現在のように継続している自信は正直ありません。

本当に毎日、毎週、毎月と綱渡りのような日々で、
キャッシュフローなんて常に数万円口座に残っていればいい方で、
自分の給与を1ヵ月支払えない時も結構ありました。

会社化してもずーっと一人でやってきましたが、
孤独感はなく、仲良くして頂けるクライアント様、パートナー様が増えていき、
一人という感覚はそんなになかったです。

 

第1期は
パートナー様にお誘い頂いて交流会にたくさん参加させていただき、
色々な人と出会って、勉強させて頂いて、色々な案件をさせていただきました。
案件数はさほど多くないのですが、幅広いジャンルの制作案件をしていたなと思います。
大学生を集めてチラシ配りをするなど、制作会社では考えられないこともしておりました。
自社でアプリもたくさん出せたのもパートナー様のおかげでございます。
今思えば毎日がかなりエキサイティングな日々で、勉強勉強の日々だった気がします。
お恥ずかしいことにガラケーサイトのプロデューサー上がりなので、
PCの知識は全くなく、CSSという言葉さえ知らなかったです。

 

第2期は大炎上の年だったと言えます。
逆に言ったら、この年がなかったら強くなれずに、
今のslowtime designはないかもしれません。
常に炎上していて、ただただしんどかったイメージがあります。
今までのslowtime designでもスーツを着て謝りに行ったのはこの年だけです。
本当に地獄でした。そして、この年に事務所を借りました。

今思えば事務所を借りるっていう決断もすごいです。
11921692_1054712844563040_1513899534791200860_n

11954742_1054712934563031_7047904404019998425_n

その当時、キャッシュがあったわけでもなく、
その時だけ手元にキャッシュがあり、2か月後には入金があるかも微妙な時に
借りるという勢いと直感で行動しておりました。

炎上したときにパートナーがタクシーでこの事務所に来てくれて、
空気を読まずにビールのを差し入れを持ってきたパートナー。
その日は朝まで話し合い、次の日は雪が積もっていて、
朝を迎えた時に一旦家に帰ってスーツを着たあの日。
今でも思い出します。

小さい案件でも喧嘩して、
理不尽な納期に頭にきて「お金はいらないです」とか言ったり、
社会の厳しさや理不尽さや罵倒や嫌味や色々な洗礼をうけた一年でした。

だから強くなれたんだと思います。
だから考える幅が広がったんだと思います。
だから耐えられるようになったんだと思います。

 

第3期はslowtime design史上で一番きつい炎上案件が一つありました。
それはクライアントが大きく、納期も短納期で、
2週間の間、パートナー会社様にデスクトップを持っていって
泊まり込みで作業するという日々でした。
その時に並行して別案件でも炎上案件があり、
ほぼ寝れない状態が続き、寝るのも椅子かソファで少し仮眠程度。
深夜2時でも電話が鳴り、「何時間後に修正上がりますか?」というやり取り。
第2期の炎上の日々を乗り越えられたからこそ、この大炎上案件を乗り越えることができました。

 

第4期は変革の年でした。
アルバイト採用を本格的に始めたのです。
第1期の時にも一度、アルバイトしてもらったのですが、
自宅でもあり、仕事的にも、私の力量的にも続けることが出来ませんでした。
本当スイマセン。
第4期のアルバイト採用は特にキャッシュもあったわけでなく、
案件も安定したものもなく、本当に一か八かの勝負でした。
何かを変えなきゃいけないという危機感があり、挑戦した感じです。

ある程度の期間は我慢の期間でした。
私もどうやったらいいか分からず、ただただ必死に考えて、
ひたすら行動をし続けるだけでした。
責任感やプレッシャーがドンドンとのっかってきて、
自分だけでない、人の時間を使わせてもらっているっていうことの重さ、
すぐに売上や利益が上がるわけでなく、キャッシュだけが出ていく不安、
いろいろ今までに未経験だったものがドンドンと押し寄せてきました。

ただ、それ以上に周りに誰かがいるという安心感が
すごく支えになりました。
なんか、なんていうんだろうか、
仲間というのは違くて、ただ守りたい気持ちはすごくあって、
こんな小さな会社というか不安定な会社に入ってくれて
感謝の気持ちしかない感じであり、この過ごした時間を有意義にしなきゃと。

だけどやっぱりまだまだ未熟な私は
ダメな部分が多々出てしまっていたと思います。
すごく反省する箇所が多い。
その点、スタッフはみんな成長していき、
その成長がすごく嬉しいのです。
自分のことより、人が成長したり、お褒めの言葉をクライアント様から
頂いたりすると本当に嬉しいと思います。

これは一人でやっていた時には味わえなかったことです。

今のところ滞りなく、給与も払えているのが本当に良かったです。
当時は自分の給与がしっかりと払えていなかったので、
今は両方滞りなく払えているのが幸せなことだなと思っております。

やっぱ、一人では何も出来ないのです。
それを改めて痛感させられた第4期だったなぁと思います。

そして、第4期にアルバイトから初めて正社員として雇わせていただきました。

 

第5期はスタッフの成長と第2世代アルバイトの成長と仕組化。
安定した案件も増えていき、その当時のスタッフでも回せなくなるかなと思い、
マイナビさんのアルバイト求人でアルバイト採用をしました。
想像以上に応募者が集まり、4週間のところを2週間で止めて、2名の採用を行いました。
その少し前に付き合いのあるイラストレーターの方をアルバイト採用しており、
第1.5世代と第2世代と私の中で呼んでおります。

第4期、第5期の中にも炎上案件はあったのですが、
面白いことに、こうやって振り返ってみると炎上案件より、
スタッフのことを思い出します。炎上案件は改めてみてみて、
「あーあったあった」という感じです。

やはり、ヒトが一番大変であり、楽しくもあり、
すごく大事な部分であるってことですね。

第1.5世代、第2世代が入って、
当たり前ですがすぐすぐに成果が出るわけではないです。
まだこの世代が入って現時点で約5か月程度なので
この時点でガンガン成果を上げているのはすごく嬉しいことです。

デザイナー・イラストレーター
コーダー
ディレクター兼営業

この3つの役職として上手く機能しつつあり、
歯車がいい感じで回りだしている感じがします。

ディレクター兼営業が新規営業と新規案件を獲得し、
その案件をコーダーとデザイナー・イラストレーターが回すという
やり取りも徐々に直接クライアント様とできるようになってきて、
問題点や課題点も見えてきてますが、良い方向に進んでいると思います。

ただ物理的に人手が足りない感じがしておりますので
直近ではないのですが、ゆるーく求人しておりますので、興味ある方はお気軽にご連絡ください。

特にデザイン部分が人手不足なので
WEBサイト好きな人、是非ともご連絡くださいませ。

第5期ではコーポレートサイトもリニューアルして
アクセス数を増やす施策やコンテンツ力の強化や
案件とは別の部分にも力を入れられているのが非常に良い方向に進んでいると思います。

新規営業でのアポのとれる確率もかなり上がったと思います。
またスタッフを採用したことにより、新規営業を毎日できるようになったことも
かなりのプラスに進んでいます。

この仕組みをもっと強化して、より安定した経営ができるように
もっともっと努力を続けなくてはいけないと思っております。

 

第6期はもっと成長して、
私が出来る限り現場から離れられるようにしたいと考えております。
たぶん、第7期くらいまでは厳しいと思いますが、目標は第6期で!
そして、事務所の拡大をしたいと思っております。
イメージはあるので、あとはキャッシュが貯まったらすぐに行動したいところです。

ある程度の土台は第5期で築き上げてきたので、
第6期でブラッシュアップして、土台をしっかりとさせて、
スタッフを増やしていくという流れを考えております。

改めて振り返ってみると、やっぱりヒトですね。
ミスったり、喧嘩したり、謝ったり、色々ありますが、
ヒトなのだから当たり前です。ただ、そのあとどうするかが大事だと思います。
そのことを引きずったり、根に持ったりして、成長を止めるのでなく、
そのことをしっかりと活かして、同じことを繰り返さない努力をしたらいいだけです。

 

まだ小学生でもないヒヨっ子で未熟なslowtime designですが、
これからも生ぬるい目で温かく見守っていただけますと幸いです。