ゆっくりと急ぐ。ってこと。

新人君が初日だったので、みんなでランチに行ったのです。
たまたまですが、弊社にパートナーと辞めたアルバイトさんが遊びにきてくれて
合計6人でランチを食べに行ったのです。

今までは多くて4人だったので
なんとも不思議な気分になったわけです。

人数が多くなって気がついたことですが、
・移動の速度が遅くなる
・メニュー選びに時間がかかる
・料理の提供される時間がかかる
当たり前のことですが、なんか今日はふとそのことに気づいたのです。

会社が大きくなると色々とスピード感が落ちるっていうのは
根本的なところは、今回のランチの中に集約されているのではないかなと。

それって別に悪い事でなくて、しょうがないことであって、
だけど、気づくってことが大事であって、それをどう改善してくかってことが
もっと大事なわけですよね。

新しい人たちに色々と教えたりしていて、
すごく気がつくことが多くて、逆に勉強になったり、復習ができたり。
その分、スピード感は落ちております。
それはそれでいいのです。焦ったら失敗するっていうのを直感的に感じてます。

怖いのが、そのスピード感に慣れちゃうこと。
どこかでアクセルを踏んでスピードを上げなくてはいけないタイミングがあると思います。

それはスタッフごとに違うし、自分だけが今、スピードを上げなきゃいけない時かもしれないし、
全員が一緒のタイミングってことは絶対ないので、常に注意して見なくちゃなと。

だから『ゆっくりと急ぐ』