自作アイコンを眺めてみる!アイコンが好きな理由

slowtime designのヌンです

スマートフォンのアプリや、パソコンのアプリなどにはアイコンがあります
わたしはこのアイコンがすごく好きです
なぜなら、アイコンにはアプリをつくった人の気持ちが詰まっているからです
あと、アイコンってお店の看板みたいなもので、流行りのフォントやテイストが登場していたりして、見ていて飽きません
ほんの1年前のアイコンでも、すごく昔に感じたりします 時代を切り取っているというかなんというか
わたしも過去にいくつかアイコンをつくったので、一部を順番に並べてみました

icons00

2013年制作:
質感のあるタイプが多かった頃です
現実にあるデザインと見た目を揃えることで、ユーザーが迷わず操作できることを意識していました
よりリアルを求めて描きこむのが楽しかったです

[左]記念日リマインダー
https://itunes.apple.com/jp/app/id614159715?mt=8

[右]速Reminder(現在はフラットなデザインに変更されています)
https://itunes.apple.com/jp/app/id601761533?mt=8

 

icons01

2013年制作:
2013年後半はフラットなデザインになりました
今までのように質感で操作を促すデザインではなくなったので、バランスがとても難しい…!
シンプルに見えますが、調整ですごく時間がかかっています

[左]N+Note for NICOLA
https://itunes.apple.com/jp/app/id730256438?mt=8

[右]速Address
https://itunes.apple.com/jp/app/id720034011?mt=8

 

icons02

2014年/2015年制作:
こちらはどちらもMacアプリのアイコンです
MemoZouはYosemiteぽさを出しました
Repliaは、鳥の描きこみ具合の調整がはげしく難しかったです

[左]MemoZou
https://itunes.apple.com/jp/app/id908787641?mt=12

[右]Replia
http://www.replia.io/

 

アプリのアイコンは、アプリの機能を理解するのはもちろん、
開発者さんのアプリに対する想いが重要なヒントになるので
なるべく対面で打ち合わせをしてから制作するようにしています
自分でつくるのも好きなようにできて楽しいですが、もし悩んだらご相談ください:D
人にアプリを見てもらうのも、ひらめきのもとになるかもしれません!

 

@nun_(ヌン) / Asami Kishikawa / Apps and Beads
アイロンビーズ・クリエイター / デザイナー / ブロガー
Twitter / Blog / Mail : asami.nagasaki@gmail.com